「施設訪問記 dale(ダリ)」。【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

施設訪問記 dale(ダリ)

2020.07.17 (老犬ケア)


dale富山県滑川市でトリミングや介護サービスを行っているペットホテル「dale(ダリ)」を訪問し、オーナーの保田さんにお話を伺ってきました。

犬の病気の中でもトップにあげられるのが皮膚病。獣医さんのご家庭で育ち、ご自身も動物病院をお手伝いしていた保田さんは、多くの皮膚のトラブルに悩むワンちゃんや飼い主さんに接してきました。

様々な患者さんを見てきた中で、ホテルに預けていたワンちゃんが急に体調が悪くなったり、皮膚にトラブルがあることが多いということに気づき、ペットの預かり方がまだ現代的ではない場所が多いのではという印象を持ったといいます。

犬の皮膚のトラブルはシャンプーなどの日々のケアに気をつけることで症状が改善されることが多いため、病院の診察よりも長い時間、定期的に接することができるトリミングサロンの重要性を感じていた保田さん。ワンちゃんの健康状態をいち早く察知し、治療につなげることができるトリミングとホテル預かり施設を開設しました。お手伝いしていたドリトル動物病院と隣接した場所にあるため、お互いに綿密な連携が取れるようになっています。



サービスの一環として介護を加えたのは、老犬介護の大変さを十分に感じていたから。ケージフリーのお部屋で個々のワンちゃんに対応したきめ細かいサービスを提供されています。
「ワンちゃんをお預かりした飼い主さんから、帰ってきたら元気になっていたとか、若々しくなったと言われることがあります。スタッフが業務的なお世話だけでなく、きちんと絆を作れるように時間をかけて接している効果だと思います。」と介護サービスでの手応えを感じているそうです。

トリミングのサービスでは、トリマーの半分が看護師さんということで、定期的なカットによる健康観察や、状態の悪い場所があった場合の早期発見・早期診療ができ、知識のあるスタッフによる手厚いケアが人気です。
トリミングや預かりサービスを隣接のドリトル動物病院と連携して総合的に行うことで、時には他で治療を受けても状態が良くならずにいたワンちゃんのセカンドオピニオンとしての役割を果たすこともあるのだとか。
2016年に施設を開業してから質の高いサービスを提供し続けることで、周辺のお店や飼い主さんの意識の上昇につながればという思いがあります。

一般的に老犬介護についての情報は不足がちで、戸惑いを感じている飼い主さんも多くいるかと思います。
日々様々なワンちゃん・飼い主さんと接する保田さんは、飼い主さんへのアドバイスとして「病院の診療も、介護の仕方も絶対的な正解が一つであるとは限りません。飼い主さんには色々な情報を仕入れて愛犬が幸せになれる方法をぜひ考えて欲しい。」と語ってくださいました。

東日本の老犬ホーム一覧はこちら


老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム