「暑さに弱い老犬」。【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

暑さに弱い老犬

2015.07.08 (老犬ケア)


太陽と青空のイメージ画像

7月になり、暑い日が増えてきましたね。

 

犬は人間より暑さに弱い動物です。

 

人間のように全身で体温調節できないためです。

犬は足の裏からしか汗がかけないので、よく舌を出してハアハアし、舌から水分を蒸発させて、気化熱で体温を下げようとしているのです。

 

パグ、ボストンテリア、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなど、短頭種の犬は、スムーズな呼吸がしづらく、特に暑さに弱いと言われています。

 

 

老犬は暑さに対応するのが苦手で、体調への影響も大きいので、注意が必要です。

 

日常生活でできる暑さ対策をしっかりしてあげましょう。


<暑さ対策>
・外で飼っている場合、犬小屋は日陰にしましょう。

 

・散歩の時間に気をつけましょう。
夏場の散歩は早朝や日が落ちてから行いましょう。朝は7時前、夕方は7時以降になると路面の温度も変わってきます。
老犬ホームでも、朝早い時間にお散歩をする施設が多いです。

 

・室温をこまめに調節しましょう。
エアコンなしで窓を閉め切った状態はいけません。
エアコンは適温に設定し、換気もこまめに行うようにしましょう。

 

・水分補給をしっかりしましょう。
老犬は、口の渇きが自覚しにくくなるため、水をあまり飲まなくなります。
脱水症状を防ぐためにこまめに水を飲ませる配慮が必要です。


これからどんどん暑くなる季節。

 

老犬介護に暑さへの対応はとても大切です。

あなたの大切な愛犬が、少しでも身体に負担なく夏を過ごせるように、しっかり対策してあげましょう。

 

 

全国の老犬ホームはこちら
https://www.rouken-care.jp/facility/
東日本(関東甲信・北陸・東海地方)の老犬ホームはこちら
https://www.rouken-care.jp/area/eastjapan
西日本(近畿・中国・四国・九州地方)の老犬ホームはこちら
https://www.rouken-care.jp/area/westjapan/

 


老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム