「施設訪問記 シニアペットケアステーション」。【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

施設訪問記 シニアペットケアステーション

2018.01.23 (老犬ケア)


京都府京都市にあるシニアペットケアステーションへ訪問し、お話をお伺いしてきました。

阪急嵐山線上桂駅から徒歩10分、電車もバスも通っていて大変便利な場所にあります。

もともとトリミングサロンを経営しており、10歳以上のワンちゃんが他施設でトリミングを断られることが多い現状を知り、高齢動物をケアする施設が必要だと感じたことが施設を作るきっかけとのこと。

建物は以前病院だったということもあり、清潔感のある施設です。室内はバリアフリーとなっていて、廊下も広く、高齢となり足腰の弱った老犬の足腰に負担がないようにと、床には滑りにくく柔らかい素材が使用されています。
グッズ売り場には、スタッフさんが実際に使用してみて、自信をもってお勧めできるという普段の生活に役立つマットやお散歩用品、フードやおやつ、ワンちゃん用の車いすなどが並んでいます。

シニアペットケアステーションは、ショートステイ、ディサービス、訪問介護からトリミングなどシニアとなった犬・猫の長生きの為のさまざまなサポートを得意としています。

全国でもまだ事例が少ない、高齢動物に関する知識、実践技術を学んだ「高齢犬のエキスパート(ペットケア専門士)」のスタッフさんが在籍しているからです。

「ワンちゃんも飼い主さんも私たちも、みんなが笑顔になれる施設」がコンセプト。
飼い主さんの大切な家族として過ごしてきた愛犬・愛猫がずっと元気でいられるように、利用の前には丁寧なカウンセリングを心がけているそうです。家での過ごし方も細かくヒアリングし、施設でもできるだけおうちにいるのと同じように過ごせるよう配慮しています。

老犬にとって、施設へ来ることがストレスにならないよう、預かりの際のご飯は、飼い主さんが愛犬や愛猫に与えたいフードを持ち込むことができます。また、使い慣れたベッドや毛布、お気に入りのお散歩グッズなども一緒に預けることもできるので老犬・老猫も自宅にいるようにリラックスして過ごすことができるでしょう。

24時間体制でスタッフさんがいるので、さみしがり屋さんも寝たきりの老犬、老猫も安心して預けることができます。預かり中の様子は、スタッフさんによってカルテに記録されますので、飼い主は、離れていた時の様子をチェックすることができます。営業時間内であれば予約不要で会いに行くこともできます。

ペットの老化や介護に伴う飼い主さんのお悩みの相談、アンチエイジングのアドバイス、時には飼い主さんの話し相手として、どんなことでも飼い主さんと話し合いながら愛犬・愛猫の為に「終生サポート」を目指しているという優しい施設でした。


シニアペットケアステーションの施設概要はこちら
京都府の老犬ホーム一覧
関西・近畿の老犬ホーム一覧


老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム