「留守番や散歩に使える!愛犬の暑さ対策グッズ」。【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

留守番や散歩に使える!愛犬の暑さ対策グッズ

2020.07.31 (老犬ケア)


遠くを見つめる老犬梅雨が明けたら、いよいよ夏本番。家族が出かけてしまったお家での留守番や、散歩中の暑さ対策が必須となる季節です。

今回は、お留守番中や散歩中などそれぞれの場面に合わせた暑さ対策グッズをご紹介します。

■お留守番中に安心の暑さ対策グッズ

夏場は室内でも気温が高くなるため、愛犬を置いて仕事に出かけたり、短時間でも外出したりするのは飼い主にとっても不安を感じる問題でもあります。そんなお留守番中に活用できる暑さ対策グッズをピックアップします。

【涼感クールマット】
ペットを飼っている飼い主さんの間ではもはや定番となっているクールマット。敷くだけですぐに使えて、即効性も高いので手軽に取り入れやすいのが魅力です。
素材はジェルタイプ、アルミ、大理石など幅広いタイプが揃っています。使わない時は折りたたんでコンパクトに収納できるジェルタイプは場所を選ばずどこでも使えるという特徴があります。
しかし噛み癖のあるワンちゃんの場合は、アルミなど硬い素材のものが安心でしょう。

【ペットボトルを保冷剤代わりに】
家にあるペットボトルで簡単にできる暑さ対策です。
500mlのペッドボトルに水を入れて凍らせ、タオルや靴下などに包んであげれば、身体を冷やせる簡易保冷剤に。氷が溶けた後は飲み水としても活用できます。
ただし噛み癖のあるワンちゃんの場合は誤飲の恐れがあるため、金属製の湯たんぽなどを代用するのがおすすめです。
さらに2Lサイズペットボトルに水を入れて凍らせ、扇風機の前に数本並べて風に当てると清涼感が味わえますよ。

【すだれや遮光カーテンを活用】
室内温度を下げるためには、室内に降り注ぐ日差しを遮断するのが有効です。
すだれや遮光カーテン以外にも近年はグリーンカーテンと呼ばれる、蔓(つる)性の植物を植える方法も注目されています。植物が呼吸する際の蒸散作用で周囲の温度が下がることが科学的にも証明されているため、効果も期待できますよ。

◾️夏のお散歩・外出に使える暑さ対策グッズ

夏のお散歩・お出かけ中にも熱中症に気をつけたいものです。最近ではさまざまな便利グッズが出ているため、愛犬に適したものを選んでみましょう。

【クールネックバンダナ】
ただおしゃれになるだけじゃなく、暑さ対策として首元を冷やしてくれるネックバンダナ。保冷剤を入れて使うものから、水で濡らして気化熱によってひんやり効果を得るものまで商品によってそれぞれ特徴があります。
サイズも小型犬から大型犬まで幅広く揃っているため、どんなワンちゃんにも取り入れやすいでしょう。

【ハンディシャワー】
外出先で「お水がなくて困った!」となっても、「ハンディシャワー」があれば安心です。ペットボトルに装着するだけで、給水器に早変わり!そのため外出する際は携帯しておくと安心ですよ。
飲み口はトレーとシャワーの2タイプになっているため、トレータイプにしてお水を飲ませ、さらに用を足した後にシャワータイプにして流すという使い方もできます。

【クールミスト】
皮膚表面を冷やして、ひんやり感を持続してくれるクールミスト。体温調節が苦手なワンちゃんのクールダウンにおすすめのアイテムです。植物由来で肌に優しい素材で作られているのもうれしいポイント。被毛をかき分けて、適量を直接地肌にスプレーして使用します。

◾️まとめ

年々厳しい暑さに見舞われる夏の季節。もともと犬は人間に比べて暑さに弱いといわれていますが、特に老犬は体温調節機能が衰えがちなので、飼い主さんが気をつけて見てあげる必要があります。
しっかり熱中症対策を講じて無事にこの暑さを乗り切りましょう!

(医療監修:獣医師 先崎直子


老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム