「老犬の皮膚のできもの」。【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

老犬の皮膚のできもの

2019.06.19 (老犬ケア)


なでられる老犬老犬の皮膚に見慣れない突起やしこりなど、「できもの」を見つけることがあります。顔や足などは被毛が少ないので発見しやすいのですが、被毛に覆われた体は撫でたり、こまめにマッサージをしていないと気づきにくいものがあります。
心配のいらない良性のできものも多いのですが、中には放置できない悪性もあります。

今回は愛犬の肌にできものやしこりを発見した場合に考えられる原因や病気の種類をまとめてみます。

■犬の皮膚にできるできものやしこりの原因

高齢になるほど皮膚の新陳代謝サイクルが衰え、バリア機能も少なくなっています。原因に考えられことはいくつかあります。

・炎症
肌の免疫力が落ちた時は感染症を起こしやすく、細菌や微生物が体内に入って増えてしまうことで、なんからの感染を起こし、できものやしこりができます。ほかに外傷などで肌が傷ついているときも細菌がはいりやすくなり炎症を起こします。

・腫瘍
新陳代謝の中で新しい細胞や組織が遺伝や何らかの原因で異常増殖を起こして腫瘍になります。周囲の組織を侵すことのない良性腫瘍もありますが、悪性腫瘍は増殖スピードが速く、周囲に侵入しながら血液やリンパを通してほかの組織に転移し、命に関わる大変な病気になります。
悪性腫瘍はいわゆるがんで、体の表面だけでなく体内で増殖し、大きくなったころに体の表面に出てきて気づくこともあります。

中高齢の犬でよく見られる腫瘍には以下のようなものが挙げられます。

・脂肪腫
脂肪腫はお腹や内股や脇の下など皮膚の柔らかいところにできることが多く、大きくは3つのタイプがあり、皮膚の表面にできる腫瘍と皮下にできるものがあります。皮下にできる腫瘍は脂肪腫であることが多く、おおむね良性の腫瘍です。

  1. 皮下脂肪腫
    皮膚の下から筋肉の上にできる脂肪腫で、肌の上から触れることもできますが、コリコリしたものが動くのが特徴です。
  2. 筋間脂肪腫
    脂肪腫の底部が筋肉に入り込んでいる脂肪腫です。
  3. 湿潤性脂肪腫
    発生は稀ですが、筋肉繊維に入り込むように増殖するタイプです。再発性があり、手術でしっかりと取り除く必要があります。広範囲に浸潤が及んだ場合は脚の切断など、重篤になる場合もあります。


脂肪腫に似ている腫瘍でも脂肪肉腫は脂肪細胞にできる悪性腫瘍なので、判断には注意が必要です。

・基底細胞腫
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれていますが、一番表面の表皮の下層にできる腫瘍で、6歳以上のシニア期に発症率が高くなります。
皮膚のさまざまな場所に発症し、発症すると脱毛で気づくことがあります。おおむね良性ですが、基底細胞がんに移行する場合があります。

・扁平上皮癌
10歳以上の高齢犬の発症率が高く、がんの中でも発症しやすい腫瘍です。体中の皮膚の表面にある扁平上皮細胞ががん化して腫瘍になります。皮膚がただれて腫瘍に気付くこともあり、口の中などに発症することもあります。

・毛包腫瘍
皮膚に固いこぶができて、徐々に大きくなるのが特徴で、良性と悪性のどちらにもなりうる腫瘍です。犬に痛みやかゆみなどの大きな症状がでることはありません。

■皮膚の異常のサイン

・皮膚が膿んで膿や血が出ている。
・かゆみや痛みがでている
・皮膚に凹凸がある
・腫れて炎症を起こしている

上記のような症状がある場合には皮膚に違和感を覚えて、しこりを掻いたり咬んだりして炎症を起こしたり、細菌が入って悪化することがあります。皮膚の異常を感じたら、できるだけ早く病院を受診して原因を調べましょう。

■できものに気付いた時の対処法

できものに気付いた時は、自己判断せずに、できるだけ早く病院を受診することをおすすめします。
しこりやできもののすべてが腫瘍ということではなく、腫瘍であったとしても悪性であるかどうかの判定は難しいところです。色を観察し、白や黄色、肌色(ピンク)の場合は良性、黒や紫、赤黒い場合は悪性の可能性があるという目安もありますが、あくまでも見た目の目安で、色だけでの診断は無理です。

また、大きさだけで判断するのも無理があり、小さくても悪性の場合もありますから、早期発見の観点からも一度は病院を受診して、確実な判定方法としてはしこりの細胞を取り細胞診検査や病理検査で判定してもらうことが愛犬の命を守ることになります。

■まとめ

できものやしこりにいち早く気付くためには日頃のスキンシップがとても大切です。愛犬の皮膚の色や状態をよく観察し、できものやしこりに早く気付いてあげましょう。
早期発見なら取り除く範囲も最小限に抑え、早い治療で進行を防ぐことができます。愛犬が健やかに過ごせるよう、注意深く観察してあげましょう。

(医療監修:獣医師 先崎直子)


老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム