股関節形成不全。全国の老犬ホーム検索・老犬介護の相談窓口【老犬ケア】

老犬ケア

  • 老犬ホーム
  • 老犬介護ノウハウ
  • 老犬介護用品

股関節形成不全

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

説明

股関節が正常に形成されない病気です。
ラブラドール・リトリーバーのような大型犬に発症するケースが多く、遺伝的要因が高いと言われています。

介護メモ

股関節形成不全を持っている犬は、変形性骨関節症になりやすく、痛みなどから後ろ足の跛行が見られることが多くなります。
後ろ足を使わないと筋肉が落ち、中高齢で歩けなくなるリスクが高くなるので、足への負担を減らすために体重コントロール、滑らないような環境整備を心掛けることが必要です。
激しい運動は避けた方がよいですが、痛みどめで痛みをコントロールしながら、お散歩などのゆっくりとした定期的な運動は、後ろ足の筋肉を落とさないためにした方がよいでしょう。
(病状によって変わるので、運動に関しては一度動物病院に相談することをお勧めします)

老犬ホームをお探しの方はこちら

  • 北海道・東北の老犬ホーム
  • 関東甲信・北陸・東海の老犬ホーム
  • 近畿・中国・四国・九州の老犬ホーム

全国の老犬ホーム